体臭と汗腺の働き、その気になる関係

体臭の原因のひとつとして「汗のにおい」が挙げられますが、もっと正確に言うと
「においが気になる、体臭につながる汗」と、
「あまりにおいが気にならない、体臭につながらない汗」があります。

 

この違いはどこから出てきているのでしょう?

スポーツ選手の汗が、さほど臭くない理由

人が汗を出すための「汗腺」には、エクリン線アポクリン線の2種類があります。
それぞれの汗腺についての特徴を見ていきましょう。

臭くない汗が出る、エクリン線について

エクリン線は人の体全体に広く分布している汗腺で、その数は一人あたりおおむね200万〜500万個。
暑さによる汗や運動による汗など、生理的な汗のほとんどはこのエクリン線から出ています。

 

エクリン線から出される汗は、基本的には99%以上が水分。においのもとになる成分はごくわずかです。
普段から積極的に汗を流しているスポーツ選手などは、このエクリン線の機能も正常に働いているので、「ほとんどが水でできている、サラサラでべとつかず、あまりにおわない汗」になるわけです。

 

汗を臭くしてしまう生活とは?

普段から積極的に汗をかくスポーツ選手などの汗があまりにおわないのに対して、デスクワークの人などは、
自分の汗が「いやなにおいだ」と思うことも多いでしょう。

 

なぜ、同じ汗なのににおいのレベルが違ってくるのかというと、汗腺の機能に問題があるからです。
普段から「空調のきいた環境で過ごす」「湯船入浴は暑くて嫌なのでシャワーばかり」「運動は全然やらない」などといった生活で、汗をかく機会が少ない人はエクリン線自体の機能が鈍くなっているため、発汗の際に水分以外のにおう成分なども、どっと皮膚表面に出てしまいます。

 

水分以外のものが多い分ベタベタドロドロとした嫌な汗になってしまい、そのまま「においの元」となってしまうというわけです。

 

さらに、汗をかかない生活が長く続くと、汗腺の中に角質や老廃物なども溜まってしまうので、
汗をかいたときにそれらが一気に出て、においをより強くしてしまう、ということもあります。

 

つまり、汗が原因となる体臭を軽減するには、「運動や湯船入浴をするなどして日ごろから健康的な汗をかき、エクリン腺の機能を正常に保つ」という形にもっていくことが大切というわけですね。

問答無用でにおってしまう、アポクリン線からの汗

そんなわけで、エクリン線からの汗は「汗腺の機能を正常に保つ」ということさえできれば、
汗そのもののにおいを軽減できるのですが、そうした努力ではどうしようもない汗、というものがあります。

 

それが、もうひとつの汗腺であるアポクリン線から出る汗です。

 

アポクリン線から出る汗は、問答無用でにおいます。
なぜかというとアポクリン線からの汗はもともと、
「強烈なにおいを出すための汗」だからです。
いわゆる「ワキガ」のにおいは、まさにこのアポクリン線からの汗によるものです。

 

なぜそんな嫌なにおいの汗が出てしまうのかというと、これは人間の動物的な部分の名残のようなものです。
動物はそれぞれのにおいによって個体を認識しますし、発情期などはそれがフェロモンとなって異性をひきつけるという仕組みになっていますからね。
そのにおいを出すための汗腺が、アポクリン線だというわけです。

 

現代人のアポクリン線は、昔に比べるとかなり退化し、脇の下など、
体のごく一部にわずかに残る程度となっています。
特に日本人の場合は、世界の中でも人種的に見てアポクリン線がかなり少ない人が多い状況です。

 

ですがこのアポクリン線の量は個人差が大きく、遺伝などの要素によっても大きく左右されます。
残念ながら「日本人なら全員アポクリン線が少ない」というわけではありません。

 

アポクリン線が多い人はどうしてもそこからの発汗がにおってしまうので、アポクリン線の除去手術を受けたりするケースも多いですね。
なお、ワキガの対策方法については下記のサイトも参考になると思うので、一度見てみることをおすすめします。

 

参考サイト:ワキガはもう怖くない!ワキガの原因と効果的な対策方法