本当ににおう?自分の体臭を確かめる方法とは

体臭の悩みを抱えている人は多いですが、その体臭の悩みを解決するためには、
「自分の体臭は本当ににおうのか」という点を確認しておくことが大切です。

 

実は、体臭の悩みを抱えている人の中には、本当は別に体臭がにおうわけでもないのに、
たまたま「目の前で顔をそむけられたことがある」などといった体験をしたことで、
自分はにおうんだと思い込んでしまっている人も居るんですよ。

 

たとえば、目の前の相手が顔をそむけた理由が
「くしゃみが出そうになったのでこらえようとした」など、体臭とは全く関係のないものであっても、それを悪いほうに捉えてしまっていることもあるのです。

 

自分の体臭がにおうかどうか、分かりにくいのはなぜ?

このように、本来体臭の悩みを抱える必要がないような人でも、つい体臭の悩みを抱えてしまうのには大きな理由があります。
それは、「自分の体臭がどれだけにおうのか、それが分かりにくい」ということ。

 

なぜ自分の体臭が分かりにくいのかというと、自分の体臭というのは、
「自分の周りをずっと取り巻くにおい」でもあるため、そのにおいを感じる感覚がマヒしてしまいがちなんですよ。

 

においが気になる場所に行っても、長時間そこで過ごすとだんだんそのにおいに慣れてくるのと似た理屈です。「家のにおい」などはまさにその代表例ですね。
たまに訪れる他人がにおいを感じる状態であっても、その空間でずっと過ごしている住人は、なかなかそのにおいを自覚できないのです。

 

簡単に自分の体臭を確かめる方法

自分の体臭がにおうのかどうか、簡単に確かめる方法としては
「日常生活よりも体臭を自分に近い位置に持ってくる」というやり方があります。

 

どういうことかというと、たとえば
「脇に汗をかいたらティッシュで拭いて、そのティッシュのにおいをかいでみる」という感じです。

 

こうすることで、日ごろの「脇と鼻の位置関係」よりもはるかに近いところで脇から発生するにおいをかぐことができるため、通常よりも強いにおいの刺激が鼻にきます。
このことで、たとえ慣れたにおいであっても、それを自分で感じ取ることができやすいというわけです。

 

この他にも、自分の体臭を確かめやすい方法としては

  • 「脱いだばかりのシャツのにおいをかぐ」
  • 「入浴前に、耳の後ろをティッシュでこすってにおいをかぐ」
  • 「歯茎や舌をティッシュでこすってにおいをかぐ」

などといったやり方がありますので、いろいろ試してみるといいでしょう。

 

体臭を素直に指摘してくれる人がいればなおベター
「人の体臭」というのはデリケートな問題なので、体臭の悩みを抱えている人が「私ってにおうかな」と他人に聞いても、素直に答えてくれるケースは少ないですね。
 
しかし、家族やごくごく親しい友人など、こうしたデリケートな問題についても率直な指摘をくれそうな人が居たら、その人の意見を聞いてみるのがおすすめです。
 
まずはシャツのにおいをかいだり、気になるところをティッシュでこすってにおいをかぐ自己チェックをおこない、
「これは結構におうかもしれない」と感じた部分があれば、それについて意見を聞いてみるのです。
 
たとえば舌をこすった時のにおいが気になった人は「ちょっと口臭が強いんじゃないかと気になっているんだけど、あなたはどう思う?本音の意見を聞かせてほしい」など。
 
こうしたデリケートな質問をできる相手、そうした質問に本音で答えてくれる相手はそうは居ないかもしれませんが、幸運にも「そういう相手が居る」という人は、より的確に自分の体臭について知ることができるチャンスですから、ぜひ意見を聞いてみましょう。