腸を健康にして体臭予防をしよう

体臭予防と言えばどうしても「外側からのケア」ばかりが注目されがちですが、
根本からの体臭予防をするためには、「内側からのケア」も大切です。

 

特に、腸内環境の良し悪しは、体臭の発生に大きく関わる要素となります。

腸内の悪玉菌が体臭を発生させる

腸の中にいわゆる「悪玉菌」が多いと、食べ物がその悪玉菌によって腸内で腐敗し、アンモニア・硫化水素・インドール・スカトールなどといった、においのきつい有害な成分を大量に作り出してしまいます

 

こうして発生したにおい成分は、単に便のにおいをきつくしてしまうだけではありません。
におい成分は水分とともに血液に吸収されてしまい、「血液の中ににおい物質が大量に混じる」という状態になります。これが体臭を発生させてしまうんですよ。

 

「血液は体外に出るわけではないのだから、たとえ血液がにおうようになったとしても体臭とは関係ないのでは」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

たとえば、汗はもともと血液中の「血漿(けっしょう)」から作られますので、血液がにおうと、そこから作られた汗もにおってしまう、というわけです。

 

悪玉菌を増やしてしまう要素とは

 

悪玉菌を増やしてしまう要素はいろいろありますが、まず真っ先に挙げられるのは
「動物性脂肪と動物性たんぱく質が過多な食生活」ですね。
脂身の多いこってりとした肉ばかりを食べていると、悪玉菌はそれをエサにしてどんどん増えてしまいます。

 

また、食生活の問題だけでなく、ストレスや睡眠不足など、不規則な生活をすると体の免疫そのものが低下してしまい、善玉菌が弱くなってしまう分、悪玉菌が元気になって増えてしまいます。

 

それでは悪玉菌が活性化しないためにはどうすればいいのでしょうか。

 

腸内の善玉菌を増やそう

腸内環境を良くするには、悪玉菌に対抗できる善玉菌を増やすのが効果的です。善玉菌で有名なものといえば、なんといってもビフィズス菌でしょう。

 

ビフィズス菌が多く含まれている食べ物といえばヨーグルトが代表的ですが、ビフィズス菌は生命力が弱く、ヨーグルトを食べるなどして口から摂取したビフィズス菌の大半は、胃を通過する際に胃液にやられて死んでしまいます。

 

ですから「ヨーグルトを毎朝食べる」など、ビフィズス菌摂取を欠かさない状態にしておくことが大切です。

 

ヨーグルトを食べる際は、できれば無糖のヨーグルトを買って、そこにオリゴ糖で甘みをつけるという形にすることをおすすめします。
なぜならオリゴ糖は、ビフィズス菌を元気に活性化させる「ビフィズス菌のエサ」として知られているからです。

 

高純度でビフィズス菌を活性化させるオリゴ糖はコレ

食事にヨーグルトとオリゴ糖を取り入れることができるのなら、できれば高純度のものにしましょう。そうすれば、善玉菌もより活性化されますし、便秘から発生する体臭も予防することができます。
オススメなのはカイテキオリゴ

 

さらにこれは複数種類のオリゴ糖を配合して作られているので、好き嫌いのあるビフィズス菌それぞれにしっかり対応することができ、いっそう腸内の活性化が図れます。
甘みはあまりないので甘味料としての役割はあまり果たせませんが、どんな料理に入れてもほとんど味を変えることがないのでどんな場面にでも使えて便利ですよ。

 

>>カイテキオリゴの詳細はこちら<<

 

食物繊維で腸内の悪玉菌を掃除しよう

腸内の悪玉菌を掃除して排出するのに役立つものが食物繊維です。

 

食物繊維は単に悪玉菌をからめ取ってくれるだけでなく、悪玉菌が発生させたにおい物質や毒素まで吸着してくれますので、体臭予防にとても効果的です。

 

食物繊維を多く摂るには、海藻類や豆類を食べる、といった方法ももちろんありますが、「主食の食物繊維を多くする」というのも簡単でおすすめです。
 
ご飯なら玄米を混ぜて炊く、パンならライ麦パンを選ぶ、シリアルならオートミールを選ぶ、これだけの工夫でも食物繊維の摂取量はかなり違ってきますよ。