「いつものお風呂にひと工夫」でできる、簡単体臭ケア

お風呂で気持ちのいい汗をかくことは、汗腺の機能を正常化させ、汗のにおいを軽減するために欠かせないことです。

 

シャワー入浴だけでは汗をほとんどかかないので汗腺の機能も鈍ってしまいますし、汗腺が開くことがない分、汗腺に詰まった老廃物や角質などの汚れもきれいには落ちません。

 

ですから体臭の悩みを解決したい人は「入浴は湯船にしっかりつかる」というのが鉄則です。

 

ですが、単に湯船につかるだけで満足してしまうのはもったいないです。せっかくお風呂に入るのなら、さらなる体臭ケアのためにもうひと工夫してみませんか。

 

クエン酸風呂で雑菌撃退

湯船に大さじ1〜2杯程度のクエン酸を入れる「クエン酸風呂」は、
肌を弱酸性にすることによって、雑菌の繁殖を抑えてくれる効果が期待できます。

 

さらにクエン酸は、皮膚を通じて体内に吸収されると、アンモニア等のにおい物質の発生までも抑えてくれるので、これによって汗そのもののにおい軽減まで期待できるという大きなメリットがあります。

 

クエン酸が自宅にない場合は、湯船にコップ1杯のお酢を入れる「お酢風呂」でもかまいません。
お酢にもクエン酸が含まれていますので、クエン酸風呂と似たような効果が期待できますよ。
お酢は食用酢でもいいですが、あれば竹酢液や木酢液のほうがよりおすすめです。

 

いい汗をたっぷりかきたいなら日本酒風呂

 

汗腺を正常に機能させるために必要なのは、いい汗をたっぷりとかくこと。それに役立つのが日本酒です。
日本酒をコップ1〜2杯湯船に入れる「日本酒風呂」は、血行を促進して強力に発汗を促してくれます。湯船につかってしばらくたてば、ドッと汗が出てくるのが分かりますよ。

 

さらに、日本酒風呂は「汗腺のお掃除」にも役立ちます。
人によっては「日本酒風呂に入った後、しばらくすると湯船の底に垢のようなものが溜まっているのが分かる」というほどに、汗腺に詰まった汚れを徹底的に掃除できますよ。

 

かなりのぼせやすくなる入浴法なので血圧が高い人にはおすすめできませんが、そうでなければ試してみる価値はあります。
あと、日本酒風呂に入ると本当に大量の汗が出ますので、入浴前にしっかりと水分補給をしておくことを忘れないようにしましょう。

お風呂に入った後はデオドラントクリームで体臭予防

入浴で肌を清潔にした後は、その状態が維持できるようにデオドラントクリームを塗っておきましょう。
そうすると汗が抑えられ、肌の上で雑菌が繁殖することを防げます。
オススメなのはラポマイン

 

これは柿渋の成分が入っているので消臭・防臭効果が期待できます。また、このクリームには保湿作用がありますので、入浴後の肌をしっとり保てて最適です。

 

>>ラポマインの詳細はこちら<<