体臭発生につながる汗のニオイ、その問題解決法

汗をかいたままそのまま放っておくと、どうしても体臭発生につながってしまいます。
もちろん、スポーツをしたときの汗など、サラッとした汗はにおいが少ないのですが、それでも「においがゼロ」ではありませんからね。

 

ましてや、普段から運動等をせず、べたついた汗をかいている人は、汗そのもののにおいが強いので、それによって発生する体臭も、においがきついものとなってしまいます。

 

汗を抑える、肌に残さない

汗による体臭発生の問題を解決するポイントは、汗を抑えること
そして出てしまった汗は肌に残さないこと、この2本柱となります。

 

「汗腺を正常に機能させるためには汗をちゃんとかいたほうがいいのでは?」と思われるかもしれませんが、それは運動や入浴などの際に、気持ちいい汗をしっかりとかけばいいことです。

 

仕事中などに、ねっとりとべたつく気持ち悪い汗をだらだらとかくことが、汗腺を正常に機能させることにつながるわけではありません。

 

つまり、汗をかく時とそうでない時のメリハリをつければいいということですね。

 

また、かいた汗が肌に残ると、当たり前ですがこれがにおいの原因となってしまいます。
「汗をかいた後に放置せず、出来るだけ肌に残さないようにする」というのも、体臭発生をさせないために大切なポイントなのです。
肌に汗を残さないというのは、汗のにおいそのものを抑えるのが難しいワキガの対策としても、非常に有効ですよ。

 

制汗剤で汗を抑える際のポイント

 

ねっとりとべたつく、においの強い汗。これを抑えるのに効果的なのは、やはり制汗スプレーなどの制汗剤です。
市販の制汗スプレー等を使うのはもちろんのこと、手作りミョウバン水なども制汗剤として使えますよ。

 

制汗剤を使う際のポイントは2つ。

まずひとつは「香料が入っていない無香性を選ぶこと」です。

なぜかというと、制汗剤に香料が入っていた場合、それと汗の成分が混ざって不快なにおいを発してしまう可能性があるからです。

 

次に、「制汗剤を使いすぎないこと」も大切。

たとえば効果をよく出したいからと制汗スプレーを長時間当てるようなことをしていると、その部分の毛穴・汗腺が詰まってしまったり、肌トラブルを起こしてしまう可能性が出てきます。

 

肌に優しいオススメの制汗剤

これらのポイントを抑えたデオドラントクリームがラポマイン
無香で持続性があるので、使いすぎる心配がありません。
さらに無添加で肌に優しい処方になっています。

 

消臭の秘密は天然のデオドラント成分・柿渋エキス。しかもそれだけでなく、消臭成分を微細化して肌の角質層へと浸透させて根元から臭いを消臭させるという普通のデオドラント商品とはちょっと違った特徴があります。

 

基本的には寝る前と朝出かける前につけるだけでOK。
サラッとしていてべたつかず、スッとなじむので塗った後すぐに服が着れちゃいます。

 

口コミサイトでも人気の商品で「つけてすぐに臭いを感じなくなった」「ワキの臭いを気にしなくていいようになった」と絶賛の声も多数です。

 

90日間は全額返金保証があるので、悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

 

>>ラポマインの詳細はこちら<<

 

汗を肌に残さないための工夫

体臭発生を抑えるために、なるべく汗を肌に残さないようにするためには、まずは「肌につく衣服」の素材から選ぶ必要があります。

 

ポリエステル製のブラウスなどを肌の上に直接着ると、通気性も吸湿性も悪いので、肌とブラウスの間にべったりと汗がつく、という状態になってしまいますので避けましょう。
 
綿素材のシャツなどを下に着るのがおすすめです。

 

また、汗の多さが気になる脇の下などは、汗取りパッドを使うのもおすすめ。
さらにこの汗取りパッドに、あらかじめミョウバンや銀イオンなどをスプレーしておくと、汗を吸った後のにおい発生を抑えられるというメリットも期待できます。

 

そして何より、汗をかいてしまった時は、可能な限り「すぐに拭き取る」ということが大切。
汗を拭き取る際は乾いたもので拭くのではなく、濡らしたハンカチなど、水分のあるもので拭きましょう。このほうが、肌に汗が残らないのです。

 

「本当に、乾いたもので拭くのと、濡れたもので拭くのとでは差があるの?」と疑問に思われるかもしれませんが、これはかなり違いますよ。
たとえば床にドロっとしたシチューを落として、乾いた雑巾で拭いただけではなかなかきれいに拭き取れませんが、濡らした雑巾で拭けばかなりきれいに拭き取れますよね。あれと似た理屈です。